メモリを買う際の注意

皆さん、こんにちは。

パソコン転売プロのひさちんです!

今日もパソコン転売に頑張っております。

 

今日はメモリを買う際の

注意について共有します。

 

メモリは下位互換

というものがあります。

 

例えばPC3-12800と

PC3-10600の2枚が

あるとします。

12800とか10600は、速さを表します。

 

これを同時にパソコンに差すと

遅いメモリの速度に

あわせて動きます。

この例ではPC3-10800のメモリの

速さとなります。

 

ただ、注意事項としては

パソコンのマザーボードによっては

動作しないことがあります。

(動作の保障をしてないものがある)

 

これは常におきるわけではありませんが

速さを混在してパソコンの動作が

おかしい場合は、

メモリ不良を決め付ける前に

メモリの速さを疑ってみましょう。

 

ではまた明日も皆で頑張りましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。